司法書士 みゃーみゃーどやねん日記

アクセスカウンタ

zoom RSS おつり

<<   作成日時 : 2011/09/12 12:41   >>

トラックバック 0 / コメント 0

こんにちは。川アです。

足の裏を蚊に刺されて、ボリボリを掻いていたら
水虫ちゃんと間違われて、少し淋しい思いをした
川アです。

コンビ二で、おつりを渡されるとき、投げつけられる
ように返されて、ちょっぴり悲しい気分になることが
私には多々ありますが、皆さんはどうでしょうか?

そんな淋しい日常を送っている私ですが、
ある出来事が起こったのです。

先日友人とコーヒーショップに行き、おつりを
渡されたとき、若い男性の店員さん(☜ここ、重要です!)が、
両手で私の手を包み込むように、ギュッと握っておつりを
返してくれるという事があったのです。

「ひぃぃぃぃぃ!」と心の中で叫びます。
思いがけない出来事に、とっても驚きましたが、ふと友達を
見ると、彼女も同じ店員さんに手を握られています。

コーヒーを飲みながら、友達に
私が「手、握られてたね。」と言うと、
友 「うん。結構しっかり握られたよ。うふふ。
   そっちも握られた?」と聞くので、
私 「うん。私も握られちゃった。えへへへへ。」と返します。
友 「男の人に手を握られたのって、何年ぶりだろ?。」
私 「わかんない。もはや思い出せない。ぐふふふふ。」

と、なんだか新鮮な気分をあじわいつつ、ニヤニヤしつつ、
世の中のおじさん達の、若い女性に対する気持ちが
すこし理解できた一日でした。

仕事から帰ってきたオットにこの話をすると、
「よかったなぁ。手ぇ握ってもらえて。だけど、苦情もいっぱい
あるんとちゃうの?喜ぶのはオバちゃんだけやろ?」
と、言っていました。

なるほど確かに一理あります。若い女性は嫌がるかも。
もしかして、彼独自のオバちゃん専用サービスでしょうか?

だけど、オバちゃん二人、なんだか恥ずかしくて、
あのコーヒーショップ、あれから行っていません・・・・・。

あのサービス、もしかして逆効果?

(kawasaki/osaka)


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
おつり 司法書士 みゃーみゃーどやねん日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる